モニカについて

モニカの紹介

モニカ & フレンズ

[Monica & Friends]

1959年、新聞コミックとしてブラジルで連載がスタートしました。 その後、1999年からアニメ放送がスタートしています。本作品はレモンツリーという地区を舞台として、かしこくてリーダーシップのあるモニカという⼥の⼦とその仲間たち(6~7歳)の⽇常の出来事を描いたお話しです。  モニカとその仲間たちは、実際に存在する⼈をモデルにしています。だからこそ、この作品を⽬にする⼈たちは、彼らをより⾝近に感じられ、興味や親しみを持ってもらえています。 世界中どこでも、『モニカ&フレンズ』のような⼦供たちは存在しています。  この物語は、友だちと共に幼年期を楽しく、無邪気で元気良く迎える事を伝え、 友情、家族を⼤切にする事や共同作業、お互いへの尊敬など成⻑する過程で⼤切な事を伝えています。

モニカとなかまたちの紹介

モニカ トイ

[Monica Toy]

ブラジルの国⺠的⼈気マンガ『モニカ&フレンズ(Monica and Friends)』がちびキャラとなって、2D版アニメとして⼦どもから⼤⼈まで楽しめる30秒のショートストーリーとして登場しました。予想外の状況での⼦どもたちの⼤きなアクションやコミカルな動きがユーモアに溢れ笑いを誘います。 また、⼝パクと⾰新的な背景⾳のみで⽣成された無声アニメとしての作りとなっているので、翻訳や吹き替えを必要としない、世界中どこでも誰でも楽しむことができる作品に仕上がっています。 以下のような世界的に有名なキャラクターとのコラボ作品も作成されており、『モニカ&フレンズ』に次ぐ愛される作品になりつつあります。

モニカ ティーン

[Monica Teen]

ブラジルの国⺠的⼈気マンガ『モニカ&フレンズ(Monica and Friends)』がちびキャラとなって、2D版アニメとして⼦どもから⼤⼈まで楽しめる30秒のショートストーリーとして登場しました。予想外の状況での⼦どもたちの⼤きなアクションやコミカルな動きがユーモアに溢れ笑いを誘います。 また、⼝パクと⾰新的な背景⾳のみで⽣成された無声アニメとしての作りとなっているので、翻訳や吹き替えを必要としない、世界中どこでも誰でも楽しむことができる作品に仕上がっています。 以下のような世界的に有名なキャラクターとのコラボ作品も作成されており、『モニカ&フレンズ』に次ぐ愛される作品になりつつあります。

モニカ トイ

[Horácio]

ジュラ紀の地球を舞台にした恐⻯の⼦どもたちが繰り広げるストーリー。 主⼈公のオラーシオは、太陽が照りつける地⾯に捨てられていた卵から⽣まれてきたティラノサウルス。 お⺟さんの事を知りません。哲学するのが⼤好きで、⼈⽣や⾃分を取巻く世界を観察し歓⼼にあふれ、常に何かを問いかけ、その答えを探求しています。 いつも新しい友達を作り、お⺟さんを探し求め⼈⽣を歩んでいます。 たくさんの恐⻯のなかまたちと触れ合いながら、お⺟さんを探す冒険物語です。

作者の紹介

マウリシオ・デ・ソウザ

[Mauricio de Sousa]

 1936年 ブラジル・サンパウロ⽣まれ、81歳。 1959年 漫画家としてのキャリアをスタート。 以来、5世代に渡りブラジルで親しまれ、半世紀以上経った現在も、彼の作品は⼈々に愛され続けている。奥様が⽇系⼈という縁もあり、⽇本と深い親交があり、2013 年 内閣府より、旭⽇⼩綬章を授与。代表作『Monica and Friends(モニカ&フレンズ)』はブラジル⼈なら誰もが知っている国⺠的マンガ。 MSPの150⼈以上のアーティストチームを率い、出版・アニメーション・ライセンス・テーマパーク・ライブキャラクターショー・ウェブサイト・プロモーション制作などのクリエイティブな芸術活動を⾏っている。

Last posts